去勢手術

犬の去勢手術後(3日目)散歩・病院・エリザベスカラーでかゆい?

犬 去勢手術後 散歩

こんにちは、ガブママです。

愛犬ガブの去勢手術から早くも今日で3日目です。

術後の様子を軽く振り返ると、手術後1日目・2日目は「元気がない」「体がだるそう」「かわいそう」といった感じで、普段のやんちゃなガブとはまるで別人でした。

去勢手術後(当日・2日目)元気がないけど大丈夫?

3日目はやっと元気が戻ってきてお散歩再開。そして経過を見るために病院で診察を受けて良好とのこと。

でも今度は首周辺がエリザベスカラーが当たって痒いようなのです。嫌がる様子が半端ではありません。

去勢手術後3日目のガブの様子を詳しくお伝えします。

犬の去勢手術後の様子|お散歩を3日目の朝から再開

犬 去勢手術後 散歩

去勢手術後3日目、元気が戻ってきた!

手術から3日目です。

朝起きるとガブは明らかに良くなっていました!ばんざーい!

2日目の夜から動く速さも少しづつ戻ってきてはいたのですが、3日目の朝は、以前のように私にじゃれてくるほど!

昨日までと目の輝きも違います!まだ完璧ではないですが、5割程度元気が戻ってきたようです。よかったー!

先生からは「お散歩はしてよいよ。ストレス発散のためにもしてください」と言われていました。

いつからOKとは特に言われてなかったのですが、ガブが歩けそうになったら行ってもよいのかなという認識でいました。

でも2日目まではフラフラで、とても散歩は無理な状況だったのです。

そして3日目の朝。まだ本調子ではありませんが、近距離なら歩けそうです。

慣れないエリザベスカラーでストレスがだいぶ溜まっているようなので、思い切って少しだけ散歩させることに。

お散歩の時にエリザベスカラーはどうするの?

さて、お散歩をする時にエリザベスカラーは付けたまままにするのでしょうか?それとも外すのでしょうか?

先生によると、エリザベスカラーは、傷口を舐めないようなら外してもよく、なめるのが心配なら付けたままでよいということでした。

お散歩再開初日なので傷口をなめるかどうかわかりません。ひとまずエリザベスカラーは付けたままお散歩させることに。

エリザベスカラーを付けてお散歩を再開

さぁ、お散歩スタートです。

抱いていたガブを地面にゆっくりおろします。お散歩大好きなガブは、もうワクワクわくわく。

普段から鼻を道につけてクンクンしてしまうガブ。今回はクンクンしようとすると、鼻ではなく、エリザベスカラーのフチが道路に当たる!

犬 去勢手術後 散歩

ガブは鼻と道路との距離感がいつもと違うので「アレ?」といった感じでしょうか。

私の方は、カラーに傷がついてしまうのではないかと気が気ではありません。病院からのレンタルなんですよね。カラーに傷をつけないように、ガブの頭が下がる度にリードを持ち上げていました。

ガブがお散歩で歩く距離は、ふだんは2キロ位です。でもさすがに今日は病み上がりなので、家の前から大通りまでの往復200mと家の裏から大通りまでの往復200mの合計約400m程度だけにしました。

犬 去勢手術後 散歩

それでも、ゆーっくりゆーっくり歩いて30分くらいは外にいたでしょうか。

エリザベスカラーをつけての散歩は見た目は異様ですが、背に腹は代えられません。

とにかくこうやってまた散歩できるようになって、また一つ日常に近づくことができました。よかった~。

去勢手術後の経過はどう?病院で消毒と軟膏を塗布

犬 去勢手術後 経過

去勢手術後の経過は良好!

去勢手術の2~3日後に診察と消毒のために来院するように言われていたので、午後から病院に行ってきました。

診察室に入ると、手術の時とは別の先生で、今回は30代位の女性の先生でした。

診察は、まずはいつものようにガブの体重や熱をはかります。そして縫合部分を見てもらいます。経過は良好とのこと!たったこれだけですが、順調と聞いて安心しました。消毒も簡単にさっと塗って終わりです。

エリザベスカラーによる腫れに軟膏

少し気になっていたことがあったので、私の方から先生に尋ねてみました。

手術で切った傷口の縫合部分の下に、タマタマが入っていた袋があります(下の写真の赤枠)。ここが少し赤く腫れてきていたんです。

ガブが傷口の縫合部分をなめようと頑張っているときに(なめることはできませんが)、カラーのフチがココに当たってしまっていたんですね。何度もやっていたようで、スレて赤くはれてしまったのです。

犬 矯正手術後 腫れ

先生に話したところ、先生は軟膏を指でさっと一塗り。私は内心、「えーそれだけ~?」と思いましたが、獣医師がそうするのですからそういうものなのでしょう・・。これだけで、ガブが痒みを我慢できるかどうか、少し気がかりでしたが・・・。

もうひとつ、エリザベスカラーを嫌がることについても相談しました。が、特にこれといった代替案の提示もなく、あと4日、ガブに頑張ってもらうしかないということに。。。

以上で診察は終わり、特に問題はないので、予定通り4日後に抜糸しましょうとのことでした。

手術担当時の先生だったらどう対処してくれただろうと思いましたが、先生を選べないので仕方がありません。

こんなものなのかもしれませんが、エリザベスカラーを嫌がることについてよい提案があったらよかったかなと思いました。

エリザベスカラーでかゆい!?対策に代用品を購入

エリザベスカラー かゆい

病院から帰ってきました。

診察時に軟膏を塗ってもらった部分(タマタマが入っていた袋)の痒みは、おかげさまでだいぶ落ち着いてきたようです。

病院を出た後で「軟膏を1本もらってくればよかった」と後悔しましたが、たった一度軟膏を塗った位でもかゆみがだいぶおさまったようです。

ですがっ!
また別の問題が!

エリザベスカラーがスレてかゆい?

今度は後ろ足でエリザベスカラーの付け根を蹴り上げるようになってしまったんです。ガブの耳元・首元あたりを後ろ足でずっとけって掻いているんです。

といっても、耳元・首元を掻きたいようですが、掻けていません。実際に蹴っているのはエリザベスカラーなんですよw。

エリザベスカラーを嫌がっているのは明らかで、その痒がり方が半端ではありません!しかも、かれこれ数時間そんな調子。あまりにも不憫なので、私が代わりにガブの首周辺を掻いてあげていました。

しまいには移動する時も首元を蹴りながら動いていました。具体的には、蹴っている後ろ足をおろす暇もないようで、「前足2本+後ろ足1本」の計3本足でピョンピョンと器用に動いていますW。

「ガブすごい~!3本足で動けるんだー!」と思わず感心してしまいました。でもそんなことに感心している場合ではありません。

そのうち落ち着くだろうと思っていたのですが、夕方になっても落ち着きません。もう何時間蹴っているのでしょう。

ガブはもちろんですが、そんなガブと一緒にいる私までも、ストレスいっぱいになってきてしまいました。

そこでハタと気が付いたのが「エリザベスカラーをなんとかしよう!」ということ。

エリザベスカラーの代用品を購入!

まずは病院に電話で相談しようと思ったのですが、その時はすでに病院も終わっている時間でした。

それでは仕方がない、自分でなんとかするしかありません。

こんな時に頼りになるのが、ネットですね。さっそくネットで検索しまくりました。

すると、私と同様、エリザベスカラーを犬が嫌がることにお悩みの飼い主さんがたくさんいるではありませんか!

私は飼い主さんたちのお悩みや対策を次から次へとみていきます。すると・・・

「これこれ、コレだわ~っ!」

見つけました!解決できそうな対策があったのです!

その対策とは、エリザベスカラーに代わるある商品でした。これなら、ガブのストレスが解決できるかもしれません。

ただ、こんな時にケチな私もチラと登場。抜糸まであと3~4日なので、購入するかどうかちょっと考えてしまいます。

とはいえ、お金よりも、ガブのイライラを一刻も早く解消してあげることの方が大切と思い直し、Amazonのボタンをポチ。

これで、明日商品が届きます!夕方申し込んで明日届くなんて、本当にAmazonはスゴイ。アマゾンありがとう!

まとめ

去勢手術後3日目。

ガブに元気が戻り始め、大好きなお散歩も短い距離から再開できました。病院の先生にも経過良好と言われ一安心です。

ただ、その後エリザベスカラーを嫌がるので対策を調べたところ、解決できそうな代用品を発見。

本日購入し、明日届きます!

次の記事で、エリザベスカラーの代用に購入した商品をお見せしますね。

【次の記事】⇒ エリザベスカラーの代用に買った犬の術後服エリザベスウエアをレビュー